口臭 歯磨き粉 ランキング

歯周病とは?

 

歯周病は歯周病菌に感染することによって起こる炎症性の疾患です。

 

歯周病に感染すると歯茎が腫れてきたり、出血したりします。

 

しかし、感染当初はほとんど自覚症状がありません。

 

自覚症状がほとんどないために感染しても放置している場合が多く、知らないうちに症状が悪化してしまいます。

 

症状がひどくなると歯を支えている歯槽骨という骨が溶けてきて、同時に歯茎も下がってきます。

 

最終的には、歯を支えることができなくなって、抜けてしまいます。

 

 

 

歯周病の原因

 

歯周病の原因は歯垢です。

 

歯をしっかり磨かないと歯と歯茎の間に白い粘土質のような歯垢(プラーク)が付着します。

 

歯垢はたくさんの細菌が集まった塊です。

 

歯垢1ミリグラムの中には10億個近くの細菌がいるそうです。

 

想像しただけでも嫌ですね。

 

その中には歯周病菌もいて、体長が悪い時など免疫力が落ちているときなどに歯周病に感染してしまいます。

 

歯垢は歯磨きで完全に除去することは難しいといわれていますが、そのままにしておくと歯石になってしまいます。

 

歯石自体は特に害はありませんが、歯石の表面が凸凹しているので、そこへ細菌が入り込んで増殖し、歯周病を悪化させます。

 

歯石になってしまうと、歯を磨いただけでは取れませんので、歯医者さんに行って取り除いてもらいましょう。

 

 

 

歯周病は歯が抜けるだけじゃない?

 

歯周病は歯の病気と考えている人が多いと思います。

 

しかし、それだけではなく歯周病感染者は狭心症や心筋梗塞、脳梗塞など命にかかわる病気になりやすいということが分かってきました。

 

どれも血管が詰まる病気です。

 

歯周病菌が原因で血管内に沈着物ができて、血液の通り道が狭くなり、狭心症などを引き起こします。

 

そして、その沈着物がはがれてしまうと血管の細いところで詰まってしまい心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。

 

歯周病に感染している人は通常の約3倍も脳梗塞になりやすいといわれています。

 

 

 

歯周病と糖尿病

 

糖尿病の患者は歯周病の感染率が高いということが報告されています。

 

逆に歯周病に感染すると糖尿病が悪化することが分かってきました。

 

このように歯周病と糖尿病はお互いに悪影響を及ぼし合っているのではないかと考えられています。

 

また、歯周病を改善すると糖尿病も改善することもが分かってきました。

 

歯周病菌は歯茎から血管内に侵入し、体全体に巡ります。

 

歯周病菌は血管内に侵入すると死んでしまいますが、歯周病菌が持っている毒素は残り、それが血糖値に悪影響を及ぼします。